about


works_seminar 青年海外協力隊として2年間アフリカの途上国で活動してきた経験をもとに
学校や各地のイベントなどで、国際理解や国際協力などについての講演を行います。

世界の国について、言葉や文化のこと、衣・食・住といった暮らしのこと、
学校教育や子ども達のこと、そしてそれぞれの幸せのかたちなどについて、
みなさんにも考えてもらいながら、写真や映像を映しながらお話をしていきます。

各タイトルをクリックすると記事が開きます。

国際協力イベント -JICA特別企画「輝くJICAボランティア」(2014.09)

2014年9月28日(日)に埼玉県さいたま市で行われた、平成26年度JICAボランティア秋募集特別企画「輝くJICAボランティア 〜途上国で何ができる?帰国後に何をしている?〜」にて、子どもから大人まで、お集まりいただいたたくさんのみなさんに公演を行いました。

JICAのボランティアとして、途上国でどんなことができるのか、そして帰国後にその経験をどう繋げているのかを伝えるこのイベント。
「アフリカの理科教育で行き着いたひとつの形」としてのPICO factoryの紹介、それに続く現在のPICO factory Japanの活動として、初となるトークショーとサイエンスショーを合体させた形式での公演を企画しました。


前半は、青年海外協力隊経験者としてアフリカ・マラウイ共和国の環境や教育現場についての話。
後半はそれを踏まえた上で場面を一転、実際に現地で行っていた科学劇「PICO factory」の形でキャラクターに扮して登場し、音楽やパントマイムを取り入れながらさまざまな科学実験を会場のみなさんと行っていきました。

takane2    takane1

実験の説明をする際には、科学のことだけでなく、
材料や道具がなかなか手に入らない環境で実験をやるにあたって工夫をしていた点や、
アフリカと日本のリアクションの共通点や違いなどの解説も盛り込みました。

見に来てくださったみなさんが、科学を楽しみつつ、世界の国についてもちょっと感じることができる機会になったでしょうか。

また、終了後には子どもたちが「もっと実験がしたい」と集まってくれました。
マラウイに続き、日本に舞台を変えても子どもたちのこういう興味を引き出せるよう、活動を広げていきます。



■その他のカテゴリー

show workshop exhibition malawipico